ガーナ

2010年05月10日

ガーナ写真集









ぴーちゃんが作ってくれたガーナ写真集。
たくさんの人に見てほしい。

リンクできない方はこちらから。
メグカンパニーのブログ

cpiblog01352 at 11:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月23日

ガーナ日記 1

今日からガーナ日記を始めまーす!

まず、ガーナは「地球の歩き方」がありません。
いつもなら行きの機内で寝ずにその国の本を読み、
知識をたーっぷり詰め込んでいくのですが、
なにせ、今回の情報はネットのみ。
旅行会社さんにもいろいろ調べてもらったのですが、
なかなか難しかった。

・1セディ(ガーナ通貨)=70円
・ビザ必要(黄熱病の予防接種必須)
*他の予防接種は必要なしと思われる
・一番の危険性はマラリア
*蚊取り線香持参が1番大事
*どこでも虫除けスプレーをシュッシュする
・正露丸、赤球などの下痢止め必須
*6人中5人が下痢に
*油でやられる人が多いらしい
・冷えピタ、ウエットテイッシュはあると便利
・もてるだけの常備薬を!
・カップラーメン、タマゴスープ、おかゆは必需品
・とにかく熱い!
*現地でレンタカーなどの車を手配するときは、
 ガンガン冷房がきく車をセレクト。車内が1番熱中症になる

今回のフライトはエミレーツ航空

14




















機内で携帯の充電もでき、
ビデオも音楽も聴けて幸せだったー。
食事は2つ星くらい。




いざ、出発!

関空→ドバイ 10時間くらい
ドバイ→ガーナ(アクラ)9時間くらい
まずはドバイ到着

2
























ドバイ上空からガーナ上空へ
超高層ビルからレンガ色の世界へ
3
























4

























ガーナの首都アクラに到着!
気温37度!体感温度は40度こえてるーーーーー!
さすがの夏大好き夏生まれもきつかったーーー!
第一印象は「元気いっぱいカラフルな街!」
5

























とってもお世話になった田村さん。
ヨシケントラベル社
通訳、チケット手配、車の手配、小学校の交流もシアバターの輸出も、
いろーんなことを助けてもらいました。
ガーナに住んで8年ですって。
NGOもやりながら旅行会社もやってるの。
先日ガーナ入りした皇太子さんの手配もされたんですって!
誰に聞いてもガーナはヨシケンさんとおっしゃる意味がわかりました。
15





















たくましいよね!
軽く30キロ以上ある荷物を軽々頭にのせちゃうの。
そして車が止まるたびに道路には、
お菓子やパンを頭にのせた売り子さんたちが商いしてるの。
ワイパーやサッカーボールなんかも過ぎ行く車の人に売ってたよ。
6



















ちょいと休憩。
ガーナのビールはスタービールだって。
ここで本格的に虫除けスプレーかけまくり。
マラリア対策です。
とにかく暑い。
7


















20時間近く飛行機に乗り、激しい時差もあり、
体が朝なのか夜なのかわからない状態で到着。
体はすっごく眠いんだけど、
気持ちはこれからおこるワクワクでアンバランスな状態。

この日はガーナに住むご夫妻の計らいで、
シアバターでつながったみなさんと食事。
ガーナの状況。
国連、JICAの考え方、ガーナに住んで思うこと、などなど、
たくさん教えていただきました。
シアバター代表のAdisaにもあえとっても感激。
ここに写ってるみなさんのお陰で、
シアバターの輸入と学校交流が実現しています。
ほんと、感無量!
1






















鈴木さん、ご夫妻、本当にありがとうございます!

次回は学校交流編です。

cpiblog01352 at 16:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月22日

ガーナで感じたこと

写真




























無事ガーナより帰国しました。

頭や心の中がまだまだ消化不良の毎日です。
ラオスの時もそうでしたが、
胸がズキンと震える瞬間がたくさんありました。
子供たちから目を背けている自分がたくさんいました。
怖くて思いっきり抱き合えてない自分がいました。
ひきつった顔の自分がいました。
情けない自分をたくさん見た旅でした。

たったひとつ。
自分を必要としてくれる国に出逢えて本当によかった。
今はまだ、これしかまとまっていません。

「1ドルで救える命がたくさんある。」
ガーナでの初日に国連の方に教わったことです。
「1日1ドルで生活をしている人がガーナにはたくさんいる。
 その人たちがせめて2ドルで生活できるようにすることが、
 僕たちができることです。」とおっしゃってました。

大きなお金を落とすのではなく、
少しでも多くのお金をうみ出せる環境をつくる。

メディアやネットの情報がいかにカスタマイズされ、
背景が伝えられてないことに衝撃を覚えました。
自分の目で真実を見れてよかった。
空気にふれ、体験しわかることって実はとても重要。


息子の絵も無事シャムくんに渡せました。
砂小の子の全員の絵もね。
壁新聞もとっても喜んでくれたよ。
何かをあげる交流もいいですが、
心の交流をしてみたいと私自身がおもいました。
次のテーマは「夢」。
ガーナの子供たちの夢と日本の子供たちの夢を交換してみようと思っています。

少しずつ、写真も含めてUPしていきますね。


cpiblog01352 at 13:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月16日

ガーナ


「あなたの夢は何ですか?」
「あなたは夢をもってますか?」
ガーナについてから、子どもたちを見るたび、
頭の中でずっーとリフレインしています。


きづけばガーナ最終日。
まったく更新できずすみません。
タイムリーにUPされてるぴーのブログで楽しんでね。

とにかくガーナは強烈のひとこと。
まずは今の私にできる学校交流と、
シアバターを広めることを強く心に誓いました。






cpiblog01352 at 18:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月12日

座談会とガーナ

blog10040801
















千葉さんのブログからちょいと拝借。

砂川にはステキな方がほんとたくさんいるんです。
この日の集まった目的は忘れちゃいましたが、
とにかく皆さん、目の前の誰かの笑顔のためにがんばっている方ばかり。

市役所のT課長も、足湯の千葉さんも、
青年自然の家のHさんKさんも。
全然この日に関係ないですが、
お花屋の池川さんも信田写真屋さんも、
赤平にいっちゃった現先生も、ひなパパも、新井支店長も。
ここには書ききれないくらい大好きな方がたくさんいます。

「愛」このひと言につきます。
話しをしていて楽しい方はみなさん愛がある。


これからひなパパの愛情たっぷりの写真をもって、
ガーナに行ってきます。
砂川のたくさんの風景、生活シーンのステキな写真たちです。

現先生と柊の先生のお陰で実現できた、
子供たちの絵と壁新聞を抱きしめてガーナの子供たちとふれあってきます。


村の女性達はシアバターをどんな思いで作っているのか。
これから作る商品にぐっーーっと入れれるように、
その想いをハートで受け取ってきます。



では、ガーナから写真をUPしていきますね。



cpiblog01352 at 14:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)