2011年10月06日

一生使い続けたい商品をつくる

10/15デビューのゆずシリーズが佳境。

商品もデザインもあと一歩のところでつまづいております。
くらーいトンネルにすっぽりはいっちゃって、
出口が見えない感じです。
えい!って、抜け出すけどね(笑)


ゆずーーーーー!と最大限感じる香りを作りたい。
ゆずを手でぎゅうーーーってしぼって、
皮の苦みもぜーんぶはいった、フレッシュなゆずを。



会社的立場で考えたら、
そんなコストのあわないパッケージはやめてしまって、
いつもどおりでいいじゃないか。とよぎるのです。
もう納期もないことだし、ちょっと気になるところはぐっとガマンして、
この香りで発売してしまえばいいじゃない。と、
一瞬いってしまいそうになる自分がおるのです、、、。

ジャッチする度に自分との戦い。
葛藤です。


海外でも通用するデザインで、
一生、自分が使い続けたい商品を作る。
あたり前だけど、葛藤なのよ。


さて、逃避してる場合じゃないので追い込むぞーーー。
まもなく発売。






cpiblog01352 at 16:55│Comments(0)TrackBack(0)LAUREL 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字