2013年02月

2013年02月19日

「Simply Simple」へ

simply






ずーっと好きで、使い続けてきた「simple is all」という言葉ですが、
よりシンプルに素材だけでものづくりをしたいという想いが更にあふれ、
「Simply simple」にすることにしました。

「Simple」 とは古語で「薬草」という意味。
古来からある植物の力をそのままいかし続けますという、
LAURELからの約束の気持ちも込めています。


r2


r1

cpiblog01352 at 14:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)LAUREL 

2013年02月07日

sozai LAURELへの想い

ジョイナス告知バナー


3月1日 横浜ジョイナス店がOPENします。
「sozai LAUREL」として初の1号店になります。

今から3年前。
道銀の今さんの紹介で吉川さんのおはぎに出逢ったのが、
このブランドが産まれるきっかけになりました。

「米も小豆も原料にこだわっている。」
「北海道のおいしい原料を使っている。」
ほんと当たり前のことだし、
誰もがいうセリフだし、それまでだってよく聞いていた話。
北海道がなんだよー。
素材にこだわるってなんなんだよ。と、思いながらも、
でもなんだか胸張ってるのをみるとうらやましく思ったり(笑)

そこから初めて、北海道に目をむけてみたのです。
通勤途中、それまでだって毎日見ていた山やたんぼの自然な風景だったり、
ふと目にとまるテレビの北海道情報や、
道端の小屋にある新鮮野菜や、
スロウや北海道生活などの雑誌だったり。と。
あんなにも、北海道をうちだすことに抵抗したはずなのに、
よくよくみてみると、それはそれは宝の宝庫で。

そこからは素材と向き合う毎日。
昆布をぬらして顔にはってみたり、
捨てられている大根の葉っぱをお風呂にいれてみたり、
酒かすをそのまま肌にパックしたり。

やっているうちに、
食べられないを理由に捨てられている原料や、
有効成分がたっぷりなのに使われていないカスが、
本当にたくさんあるということ。
それらだけで化粧品をつくると、びっくりするくらいお肌が喜ぶという事実。

もっちーとみゆきちゃんと、
「sozaiそのままで使いたいものを作る」を原点に、
夢中で素材を探して、作って、使ってきた3年間でした。


それまでのローレルの売上は10億円近く。
そして、翌年LAUREL立ち上げ時のローレルの売上は6億まで減少。
内、LAUREL初年度の売上は900万円。
どう考えたって売上が下がりすぎだし、
900万円しかないブランドに命をかけるのは絶対にバカ。
当時クライアントに商談にいくと3000万以上の商談をポンポンと決めていた日々から、
1日、5万円の売上に一喜一憂する日々。

でも、不思議なことにあせりや不安はまったくなかったのです。
今までの大きな仕事は本間さんに全部任せられたし、
こんなこと書くと怒られちゃうのですが、
仮に会社がなくなったとしてもまた作ればいいや、と思ってたから。

そんなことよりも、
毎日が楽しすぎて、アイディアがあふれすぎて、
使いたい商品を作り、スタッフとキャッキャと喜び、
おいしい農家さんの真剣な想いに感動し、
自分たちのペースで、自分を信じて、
今、改めて振り返ってもどっぷりとLAURELやsozaiにつかった3年間でした。

作るだけのメーカーから小売業への転換への難しさは、
ここ最近特に実感しています。
でもそれ以上に楽しい毎日だからやめられない。


3/1から始まる、「sozai LAUREL」。
このブランドで世界に行きたいとおもっています。本気で。

私たちの想いと、農家さんの想いが、たくさんのみなさんに届きますように。

______________________________
sozai LAUREL 横浜ジョイナス店
横浜市西区南幸1-5-1 横浜相鉄ジョイナス1F/TEL 045-313-6003
*3月1日 10時OPEN


cpiblog01352 at 12:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)sozai LAUREL