2008年09月

2008年09月30日

産み月になります。

明日から10月。
早くも私の産み月になります。

「予定日はいつですかー?」
「すっごい、お腹大きくなったねー!」
「仕事なんてかわりがいるんだからゆっくりしなさーい!」
などなど、どこに行っても気にかけて頂いております。
ありがたい。

お腹の子が早くに下がってしまい、
早産になるかも、、、と、引越し前後は非常にびびっていましたが、
なんもなんも。
下がるだけで、産まれる気配は未だゼロ。
前駆陣痛ってやつはありますが、
本来のあの痛みではまったくないので、
まだだな。と、感覚だけですが一人感じているわけです。

旦那は長男のロング陣痛を思い出し、
深いため息です。
立会い出産が必須なわが家では、
陣痛も旦那と2人乗り越えることを約束にしています。
自分が痛いならいいようですが、
痛がる姿を15時間もみていると、気が狂う手前だった、、と、
いまだにトラウマのようです。

まあまあ、そんな事を言っていても、
いつかは来るべき日がくるわけで。

今週は予定がはいっているので産めませんが、
来週あたりは産もうかな。と。



cpiblog01352 at 11:54|PermalinkComments(1)TrackBack(0)妊娠&出産 

2008年09月22日

完成ー!

lao







ラオスの小学校が完成しましたー!

真夜中の高輪のサロンで草野さんと、
「何か、世の中のためにしたいよね。」と、
「ミスラオスが知り合いだから、ラオスに何かしよう。」と話してから、
たぶん2年くらい。

その後、自分達では手段も何も思いつかず、
なにげに話したナベティに共感してもらってからは、
あれよあれよというまに、ここまでたどりつきました。


先生の問題や、
地域制の問題や、
たーくさんの問題があふれてますが、
まずは第一歩。
箱は作ったので、ここからがスタート。

全ては教育だと私は思っています。
将来の夢を持ち、その夢をかなえられる、
そんな子供達が多くなれば、その国は絶対によくなる。
そう信じています。


砂川の小学校との交流とかもやりたいなー!






cpiblog01352 at 15:52|PermalinkComments(1)TrackBack(0)ラオス 

引越し。

先週末、
息子の学校の関係で引越しをすることに。
出産も控えているので、相当迷いましたが、
やはり、私も親です。
自分でいうのもなんですが、自己都合の優先ではなく、
かわいい息子を優先させ引っ越すことに。

これが、なんと大正解。

今まで住んでいた場所には、
息子のお友達が近くにいなかったのですが、
引越しをした場所には近い世代のお兄ちゃんや、
保育園のお友達がいるのです。

今までパパとゲームをしたり、
親にくっついて買い物にいったりと、
そんな不健康な一人っ子らしい週末だったのですが、
先週から一変。

朝の8時30分から玄関のチャイムが鳴り、
「アソボーーー!」とのお誘いが。

「おじゃましまーす!」と元気のよい子供達が、
5〜6人2階に上がっていき、それはそれは、
床がぬけるのでは?というほどの、大暴れ。

それにあきたら、
コオロギだのバッタだの、ムシとりが始まり、
自転車に乗り、走り回り、探検をし、
それはそれは健康的な私が1番望む、野生児の遊びのオンパレードです。

今までパパと一緒じゃないと、
なーんにもできなかった息子が、
「ダイチのうちにいってくるー!」
「外で遊んでくるー!」と、一人で飛び出していく姿をみると、
ほんとうれしくなってしまいます。



おかげでパパは、
息子から卒業すべく格闘中。
「いいんだーオレは。
もう少ししたら、お腹の子がでてくるから、、、」と。





cpiblog01352 at 15:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)プライベート 

2008年09月11日

お腹の子。

お腹がパーンパン!です。
破れちゃうんじゃないかってくらい、
成長してくれています♪

ただ今、2400グラムで息子の時よりも
大きめなベビーです。
えぐられ、蹴られと、特に夜中は大暴れで、
ほんと、ゆっくり寝れません。
頻尿ですし、、、。
むくみ、めまいがひどくなってきました。
妊娠中毒?と、ビビリましたが、心配のないむくみとのこと。

もう少しで37週。
その日がくればいつでも産めるから安心ですが、
それまでは、少し安静にと、自分に言い聞かせ、
だましだまし、出社する日々です。



cpiblog01352 at 11:38|PermalinkComments(1)TrackBack(0)妊娠&出産 

2008年09月08日

増収増益ーーー!

はははー!

今年もわが社、
増収増益で終了しそうです。
何期連続かは忘れましたがありがたいことです。
ほんと。

一時はマズイ状況でしたが、
最後にかなり追い込んで、
スタッフ全員に大迷惑をかけましたが、
なんとかクリアー。
なので、決算手当ての支給もできるのです♪
(利益がでないと出せないからねー!)

まだまだ年内、
忙しいハードな日々は続きますが、
仕事があるって幸せだなーと、感謝しながら、
ガンバリマス。


「人は仕事で成長できるもの。」
忙しい時ほど、忙しい人ほど成長できるのです。
毎日ボケーーーっとしていると楽でいいですが、
1年前の自分と何もかわらないはず。

増収増益を目標には決してしませんが、
みんなと楽しんでものづくりをし、
みんなで成長した結果、増収増益になるように、
今期もやります!





cpiblog01352 at 12:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ローレル 

作ったら壊す!

「作ったら壊す!」
これって経営の鉄則だと思っています。

会社で決めたルール
製造の方法
などなど、
たくさんのことが決められているかと思いますが、
より良くするために、壊すということが、
何より大事と思っています。


一度決めたことだから、、、
就業規則に書いてあるから、、、
だいぶ前に社長が言っていたから、、、

こんなことを言われると、
「うるせーーーー!」と、本気でむかつきます。
一度決めたって、決めた瞬間から古くなっていくもの。
そのときは最高でも、自分が成長すれば最高じゃなくなるもの。

経営なんて、自己否定の連続。


社会や会社が動く限り、
作ったらぶっ壊す!
これぞ、ローレルらしさ。



cpiblog01352 at 12:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ローレル 

2008年09月05日

ローレル愛。

久しぶりの井川ネタ。

ここ最近の井川くんは、
9/1から第4製造というところに移動になりました。
人事とか、営業とかやってたんですが、
なにせ、細かい仕事が苦手なようで、
思い切って「製造の喜び組」というセクションを任命し、
みんなを楽しませる、現場の雰囲気を盛り上げるという、
部門に配属することに。
もちろん、井川のための新設部門です。

まずは、いつものことなんですが、
「部署いどー!」と伝えた瞬間、
翌日から次の部署のスタッフになりきれる早業を今回も披露。
毎度むかつくくらい、その日までやっていたことを捨ててくれるのです(笑)

毎日毎日空回りしてはパートさんに怒られる日々のよう。
日々の日報もやってしまった失敗の懺悔がほんと目立ちます。

ほんとにほんとに面白いくらい、
「仕事をする」ということに縁遠い彼ですが、
なぜか、常にローレルの対する愛を感じることができて、
私は彼のことが大好きなんです。


仕事はできなくても、
深い部分で、ガッチリ握手をし、
目指している方向は同じな気がしてしまうのです。
他のスタッフも同じなはず。
困ったことがあると、井川の名前がで、
役員会議でも必ず井川の話題がでます。


何を言いたいのかというと、
どんなに仕事ができても、
素晴らしい発想があっても、優秀でも、
ヤパッリ、ローレルへの愛が感じられないと、
きついな。と、心底思うわけです。








cpiblog01352 at 16:41|PermalinkComments(1)TrackBack(0)ひとり言 

2008年09月03日

会社見学会@重鎮。

昨日、銀行の支店長の計らいで、
地元の重鎮たちがローレルにたくさん来社されました。


工場見学をされたり、
商品を見ていただいたり、
現状のローレルを知っていただいたり。と。
それはそれはとても、うれしい時間でした。

一匹狼で今までやってきたローレルからは、
ほんと想像できないことなんです。
地元の人に応援してもらうってことが。


ローレル大好きです。
できることは何でも協力します。
応援しています。
地元の誇りです。

そんな言葉を頂き、
単純な私は砂川をもっともっと良くしたいと、
みなさんの期待に答えたいと、
エネルギーをパワーをたくさん頂きました。

支店長ありがとうございました!


cpiblog01352 at 17:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ローレル 

2008年09月01日

パートナーの存在。

先日、ピーとの会話で気づけたこと。


社長になって早8年。
経営を主導するようになって4年目になります。

こんな私でも、
今までに心が折れそうになったことが、
実は、2度ほどありました。
あまりのショックにめまいや頭痛・吐き気が、
半年以上も続いたことも。
1週間以上寝込み、
会社や取引先との連絡を絶ったときもありました。


そんなとき(今更気づきますが)、
パートナーの存在はほんと大きいのです。
家庭では旦那がさりげなくフォローしてくれ、
会社では専務がネガティブな役目全てを引き受けてくれます。

性格的に、立場的に、
起こりうる全てのことを全身で受け止め、
スタッフにその悪い強風がいかないように、
自分自身でくい止めるのですが、
どうしてもキャパを超えると、
体に支障が出てくるものです。


改めて、一人じゃなくてよかったと、
ほんと、思います。
パートナーやみんなに助けられているな。と。

ビジネスにおいてのパートナー。
人生においてのパートナー。
この2人のパートナーに出逢えていると、
気づけたことに感謝です。




cpiblog01352 at 17:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)社長業 

歯医者ギライ。

世の中で何がキライかと聞かれると、
真っ先に頭に浮かぶのが「歯医者さん」。

あの、診察室の匂いに音に雰囲気に、
先の細い器具たちに、
何をされるのか予測もつかない空間に、
ほんとダイキライな場所なんです。

社会人なりたての頃に通った歯医者さんで、
抜歯され、朝まで血がとまらずに吐きまくったことが、、、。
それ以来、視界にいれずに生活してきました。


それが2年くらい前、
息子の前歯1本が突然グレー色に。
恐らくどこかにぶつけたのか、なんなのか。
それをきっかけに息子のみ定期検診に通うようになりました。


先日の息子の検診で、
4ヶ月前にはなかった大きな虫歯がみつかりました。
目でみてすぐにわかるほどの大きさに、
「えーーーーーー!きっと、相当泣かれて、
かわいそうな思いをさせちゃうんだろうなぁーーー」と、
一瞬ブルーになっていたのですが、
ものの5分くらいで治療が終了しちゃったんです。
もちろん、息子も全く泣かず、
「ボク、すっごい頑張った!えらいねぇー!」と、
自分を自分でほめるくらい余裕のご様子。


「歯医者とは痛くなってから行くもの。」と
勝手に決め付けていましたが、
定期的にケアをしてあげれば、涙を流させる必要がないんだと、
当たり前のことですが、ほんと勉強になりました。


そして、
歯医者さんの息子に対する愛情のエッセンスも、
しっかり伝わっているのがお見事!

次は、私の歯医者ギライの克服です。
息子が頑張っているのに、ママが逃げているようでは、
話しになりません。
大好きな歯医者さんにも出逢えたし、
ここはひとつ向き合ってみることにします。
(ただし、出産後に 笑!)






cpiblog01352 at 16:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)プライベート