2008年06月

2008年06月26日

何かある?

「何かある?」


これって、細かく説明すると、
「私に聞きたいこと(言っときたいこと)、他にある?」
「報告事項って、何かある?」、、、そんなところなんだが、

とりわけ優秀なスタッフなら、
「あれは、どうなってんですか?」とか、
「これ見てください。」とか、
こちら側のとっさの振りにも対応してくる。

ただ、ほとんどにおいて、
「何か、ある?」って聞くと、
「いえ、ありません」と即答されて終わるもの。
(仮にあったとしても、、、)



管理する立場の人間として、
自分から話題をうまくふり、
スタッフから引き出すことが重要といつも感じる。
うまく、誘導していくと、
日頃の不満や、ナイスな改善点をいってくるもの。


「何か、ある?」と聞いて、
「ありません」と答えられたからといって、
鵜呑みにせずに、「いや、あるはずだ。」と、
掘り下げていくことに、意味があると思うのです。

cpiblog01352 at 16:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)社長業 

ひと手間。

めちゃめちゃ大好きな、
フードコーディネーターのそのさんがよく言う。

「料理にはひと手間が大事よ♪」と。

私とぴーはいつも、
「そりゃあわかっているけど、そのひと手間がめんどくさい。」
というか、ひと手間って、何をすればいいのか、
そもそもがわかっていない。


さっき、
もっちーと外部デザイナーとの、電話のやり取りを聞いていて、
ふと思う。


もっちーには書いてほしいデザインイメージが
既に明確に頭の中にある。
それを口でどんなに説明してたって、
100%伝わるかは、あがってみないとなんといえない。
(ほぼ、伝わっていなく、修正をいれなければならないことも多く、、)

もっちーが、
「さくっとイメージを書いて、FAXしときますねー!」と。


そうそうそう!
これが、きっと、そのさんの言うひと手間なんだなと。


料理においても、
仕事においても、
めんどくさがらずに、横着せずに、
ひと手間かけるか、かけないかで、
結果(おいしさ)がかわるというもの。


確かに、
妊娠中の私を気遣って母がくれる、煮干を粉砕したもの。
「カルシウムもとれて、お味噌汁もおいしくなるから、
 これ、使いなさい。」と。

いつもは、煮干をそのままゴロンといれ、
ダシだけとって、捨てているけど、
ミキサーかければ、体にも摂取できて、ゴミもなくなるってもの。










cpiblog01352 at 16:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ひとり言 

今日の朝。

毎朝ベットで目覚めると、
携帯片手に社員の日報をチェックして、
その日の優先順位を頭の中でシュミレーションするのが日課。


そうすると、
ドンドン興奮して楽しくなってくるんですよね。勝手に。
頭もノリノリになって、胸もバクバクして、
独り言も多くなるってもん。
「そっかー、アレを先にやればいいんじゃん♪」とか言って、
ブツブツと始まるわけですよ。
旦那はありがたいことにそんな私を見ても無視してくれるのですが、
息子はメンドクサイ。
「ママ、キモイ。」とにらまれ、
「ボクの話しをきいてくれない。」ときれられ、
私が「チョット、マッテ。」というと、シュンとされる始末。


毎日毎日、仕事の状況は変わり、
その日その日で柔軟に考えていかないと、
しらないところで大きな歪みがでているもの。
それを、
「朝のこの頭がすっきりしている今、自宅で考えたいのにーーー!」と思っても、
そんなこと、カレに伝わるわけもなく、、


でも、怒りそうになる前に、ふと、思うのです。
最悪、会社は私がいなくても誰かがいるけど、
この子の母は私だけだ。と。

「よーし。なになに?なんだって?」と、
こちらが聞く体制になると、
「やっぱり、パパにいうーーー!」と、
ふられた、そんな今日の朝でした。







cpiblog01352 at 12:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)プライベート 

2008年06月24日

趣味嗜好

たくさんのテイストの商品を企画し作るローレル。

モダンなものもあれば、
スタイリッシュなものもあり、
ファンシーなものや、
それぞれのお店によって、テイストは千差万別。

そりゃ、
自分の趣味嗜好で商品を作りたいが、
間違えちゃいけないのが、
全てが自分のお店じゃないってこと。

自分の店なら、
「これスキ。これキライ」で、
ある程度まではいいかもしれないが、
他人の店になると話しは別。

そもそも、
そこの社長が何を考えているのか?
そのお店のコンセプトは何か?
何をめざしているのか?
そのお店に通うユーザーが何を望んでいるのか?
全てにおいて相手目線が大事だと、思う。


小さな何かにこだわるのもいいが、
大きなポイントをはずしては、
せっかく作った商品が、
世の中のゴミに終わってしまうことをよくみる。

まずは、
そのブランドをそのお店を、
その会社を大好きになって、
そこの社長の気持ちになることが重要。


私もよくやってしまう。
自分の嗜好をいれた瞬間、
方向性がずれまくり、相手の立場にたたないで、
企画をしてしまう。


今、めちゃくちゃ考えているあるブランド。
ローレルが8年前、生活雑貨の業界に、
片足を踏みこむきっかけをくれた社長からの、
お仕事の依頼。


少しでも社長の想いに近づけるよう、
まずは、そのブランドをよく知って、
大好きになることから初めています。














cpiblog01352 at 16:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ひとり言 

2008年06月19日

かわいいスタッフ。

たった今、目にいっぱいの涙をためて、
近寄ってきたマカリちゃん。

「私の仕事が遅いせいで、○○の書類が送れませんでした、、、」

ボロボロとこぼれ落ちる涙をみていると、
かわいいなぁーと、キュンとしてしまいました。

こんなにも一生懸命に仕事に取り組んでくれて、
こんなにも自分の仕事と認識してくれているからこそ、
出てくる彼女の涙に、感動すら覚えましたよ。


冷静に見れば、決めた日に、
決めたことをするのが、ビジネスのルールってもん。
でも、いいの。
きっと、彼女は今回のことですっーーーっごく、
大きくなれるから。

入社2年目で、私のところに謝りにくるって、
それはそれは、恐ろしかったと思うよ。
でも、いてもたってもいられなくって、
真っ先に謝りにきてくれたのが伝わったから。


ギューーーって、
抱きしめたくなったよ。
うれしすぎてさ。






cpiblog01352 at 16:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ローレル 

楽しい仕事。

1分1秒もムダにしたくないほど、
楽しい仕事がたくさんのこの頃。

「楽しいーーーーーー!!!」って、
ココロの中から湧き出ながら、たくさんの企画を進めております。


こういう時に、
こういうときだからこそ、
スタッフ一人一人の得意分野を見極めて、
その得意分野に集中できる環境を作ったら、
恐ろしいほどの相乗効果で、
いい商品&いい企画ができるもの。


昨日からうめっちゃんは、
頭をフル回転して厳しいコスト条件の中、
9月立上の高級ラインの開発を進めています。
原価計算表をにらみつけながら、
ユーザーに喜んでもらいたいポイントをしぼって、
開発の三浦ちゃんとタッグを組み、
それはそれは、見ているコッチが気持ちよくなるくらい、
魂入れて、考え抜いてくれています。


人間、得意なことや好きなことをやっているときって、
輝いているもの。
楽しい事を極めていったときに、
苦手なこともクリアしているものと、私は思う。


彼女たちを見ていると、
「誰かに評価されたい。」とかではなく、
「いいものを作りたい!!!」と、純粋に思っていると、感じます。


何のために商品を作るのか?
それは、クライアントの満足や上司からの評価ではなく、
ユーザーに喜んでもらうため。だけ。
120%胸はって、「いいもの作ったーーー!!!」っと、
空に向かって叫べてなんぼ。

頼むよ。
うめっちゃん&みうらちゃん!

cpiblog01352 at 12:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ローレル 

皮むけてきました。

日焼けのため、
顔中の皮がむけまくっている本日です、、

息子を保育園に送りに行ったときに、
「ちょっとーーーママーー!
 どうしたの?その顔ーーー!!!」と、
ママ友達に大笑いされましたよー。
「30才すぎて、いい大人が、皮むけるなんて、
 アリエナイ・・。女捨てちゃダメよっ」と、
ありがたい、ご忠告を受けました。
(決して、女は捨てているつもりはないんですけどねー笑)


そして、
昨日の息子はお友達に突き飛ばされたみたいです。(パパ情報)
その話しを私が息子に聞くと、
「フンフフンー♪♪♪」とかって、
大声出して、鼻歌を歌ってごまかしてくれる始末。


「毎日、毎日やられっぱなしで、
 今日はやり返してこいよーーー!」と本日は朝からパパに、
玄関で言われておりましたが、どうなることやら。




cpiblog01352 at 11:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)プライベート 

2008年06月17日

ご報告。

「最近、どうしたのー?東京にきてないよねー?」とか、
「直近での東京の予定はー?」などなど、
聞かれることが、ほんと多くなりました。

そう、秋目前。
入浴剤メーカーの認識が高いローレルは、
今が企画のドピーク。
(うれしい&ありがたい悲鳴です)

今時期、打ち合わせのオンパレードで、
毎週毎週、東京に通うのが当たり前なんです。



なんですが、
ワタクシ、第2子を妊娠いたしましたー!
ただ今、妊娠6ヶ月で、秋には出産の予定です。
(本来は出産してからの登場としたかったのですが、
 あまりに体調を心配してくださったり、
 今まで飛びまわっていたのに、
 急に静かになったと思われているようで、
 この場を借りてのご報告です)


モチロン、かわらず、東京には行っています。
今週も入りますし、今後も体調と相談しながら、
江戸入りは継続していきます!
(さすがに、臨月になると無理ですが、、)


今回はツワリがとーーーっても重く、
初めて会社を2週間くらい休むほどの重症でした。

ただ、息子がこの妊娠をめちゃくちゃ喜んでくれて、
毎日パパ以上に頑張って、名前を考えてくれているのが心強く、
たくさんのパワーをもらっているんです。


頻繁に江戸入りはできませんが、
いい企画を考えることは、いつでもできますし、
営業スタッフも育っていますので、
産休でもとってやろうかと、たくらみ中。
(専務に軽く却下されましたが、、)


かわらず砂川で戦闘モード&エネルギー全開ですので、
これからもよろしくお願いしますー!



 

cpiblog01352 at 14:36|PermalinkComments(1)TrackBack(0)プライベート 

おとなしいわが子。

目の下に腫れ物を作って帰ってきたわが子。

「どうしたのー?」と聞くと、
○○くんが△△くんにブロックをなげて、
△△くんが○○くんに投げ返したら、
なぜか、そのブロックが息子にあたったとのこと。


息子曰く、
「△△くんは悪くないんだよー!わざとじゃないんだからー!
 ちゃんとゴメンネいってくれたしー。」
そうなんだろうけど、、。
ついてないというか、なんというか。

完全、もらい事故にあってるじゃん。それって。
(私なら、完全に倍返しでやり返すのに、、)とも言えず。


この前も、
お友達に叩かれている息子をみてパパが、
「なんで、叩かれて笑ってるの?」と聞くと、
「ボクが変なことを言ってるからー。
 お笑いのマネばっかりしてるんだよ。ボク。」と。
「それに、お友達叩いちゃいけないって、園長先生言ってたしー。」と。
そうだろうに。
でも、アンタはなぜ、たたかれている?





ノンキなのか、
やさしすぎるのか、
間違いなく、私には似ていないことだけは、
ハッキリとわかったよ。





cpiblog01352 at 12:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)プライベート 

2008年06月16日

晴天の運動会。

昨日は晴天の中、
保育園最後の運動会!


ノンビリ系なわが子は、
ノンビリなだけの結果でしたが、
本人曰く、
「めっちゃ、頑張った。」とのこと。
ずーーーっと前から楽しみにしていた運動会。
晴れて、ほんと良かったね♪



UVケアをまったくしていなかった、私たち夫婦は、
ただ今ヤケド状態です。
昨日の夜はほとんど眠れなかったですよ、、。
体中、痛すぎて。

私の日焼けは毎年のことなんですが、
(健康的に焼くことが大好きなので、、)
今年の日焼けは今までにない痛さです。
自分の肌でオゾン層が破壊されているのを実感していますよ。
33年間生きてきて、初めて紫外線対策をしようかと、考え中。





cpiblog01352 at 13:24|PermalinkComments(0)TrackBack(1)プライベート 

2008年06月13日

ほめあうスタッフたち。

毎日送られてくるスタッフからの日報メール。

ここ最近、
スタッフ同士がほめあったり、
感謝したりと、気持ちのいい日報が続いています。
いいぞ。いいぞー!


小林さんが高島への尊敬する想いを教えてくれたり、
金森が三浦ちゃんへの感謝をつづってくれたり。
菊池さんが宿クンの信頼を教えてくれたり。



自分の反省ばっかりを
日報に書いてくれるスタッフもいますが(苦笑)、
誰かを認め、尊敬し、感謝する。
そこに自ら気づいて仕事をしている人は、
本当に素敵ですね。


cpiblog01352 at 11:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ローレル 

2008年06月11日

中林さん。

7月から洞爺湖で始まるサミットの
アメニティの一部を作らせてもらえることになったローレル。
先日にもブログに書きましたが、
当初進めていた容器の納期がまったく間に合わなくなり、
中林さんに泣きついたところ、
「まかせとけっ!」と、ほぼ1週間で作ってくれたのです!
ありえない驚異的な早さで。



毎回、
こんな仕事ばかりをお願いしているわけでは、
決してないのですが、
うわーーーー!困ったーーー!ってときに、
頭に浮かぶ方たちはみなさん、
できるが前提の方法だけを考えてくれます。

私も含め、
クライアントやユーザーに対し、
究極的に困っている人の心情を察し、
「ヤリキル」ことが大事だなと、
改めて勉強になりました。




cpiblog01352 at 10:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ローレル 

わかっているつもり。

ある程度、
入社してから月日がたってくると、
「わかっているツモリ」
「できているツモリ」の人が増えてくる。

自分の狭い世界の中でだけ見ると、
できているのかもしれないが、
正直言って、誰かの足元にも及んでいないのが事実。

死ぬまで勉強だし、
世の中のことを全てがわかるのなんて、100%無理。

「マダマダ」と常日頃から思えたほうが、
アンテナも高くなるってもん。

自分の捉え方を間違っているのかも?
自分の思い込みかも?

日々の当たり前の仕事をそういう目線で見れた時に、
改善案もすーーーっと、浮かんでくる。


昨日も、会社のアレやコレやを考えながら反省し、
眠れなかった私。
でも、目がさめた時には、
いろいろなことがまとまっていて、見えてくるもの。


できていると思っても、
よくよく考えると、「マダマダ」なことって、
ほんとよくあるなとふと感じました。



cpiblog01352 at 10:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ローレル 

2008年06月10日

ゼッタイ ニ デキル

なんでもそうだけど、
「デキル」と思えば「デキル」もの。

「デキナイ」と思った瞬間そこで、
ゲームオーバー。

諦めるのは簡単だけど、
ちょっと、頭使って、ふんばって、
「ゼッタイ デキル」と信じてみるだでけ、
真っ暗な世界は開けるもの。


「頼まれごとは、試されごと。」
ウエディング会社の社長が言っていたような。

何かを頼まれたってことは、
自分が試されているってこと。
相手が望んでいる以上のサプライズ(結果)がだせて、
なんぼってもん。


最近のローレルスタッフは、
みんーな、頑張っています。

「私ももっと、頑張ろう!」って、
そんなパワーをスタッフからもらっているのは、
実は始めてかも。

「デキル デキル ゼッタイデキル」
クライアントがユーザーが、
ココロから喜んでもらえる商品をたくさん世に出せるよう、
あと、ひとふんばり。



cpiblog01352 at 17:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スタッフへ 

2008年06月07日

そもそも、何のために。

「そもそも、何のために。」
これは、大好きなリクルート社の方に、
教えてもらった言葉です。

判断に迷った時に、
方向性が見えなくなってきたときに、
「何のために」コレをやっているのか?
今一度この言葉に振り返り、
自分自身の言動を修正するわけです。


商品の企画書を作る
商品を作る
電話をする
社内回覧をする
資料をまとめる
報告をする
などなど。

全てに相手があって、
シンプルにわかりやすく、
ポイント絞って伝えたいと思うもの。


何のためにその仕事をやっているのか?
常に考えたいですね。







cpiblog01352 at 11:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)社長業 

2008年06月02日

ローレルスタンダード。

すっごーーーく、急いでいる商品が一つあります。

それは、容器を使うホテルのアメニティなのですが、
なかなか容器があがってこない。
納品日もありえなく遅く、まったくもって、
そのメーカーからの頑張っているという、
誠意が伝わってこないのです。

容器メーカーからの返答は、
「できる範囲でガンバリマス。」
「普通はこれだけかかるものですから、、」というもの。

そりゃあ、できる範囲なんだろうけど、
普通はそれだけかかるんだろうけど、
こう、なんていうか、
やる気というか、熱意というか、
そういうものも伝えてほしいわけで。
通り一辺倒の営業トークにうんざりするわけです。
(このー、ボケサラリーがーーーーー!と、 
 心の中で思いながらも)


ふと、ローレルスタッフが、
こんな通り一辺倒の返答を、
大好きなクライアントにしていたら、
悲しいなと気づき、ブログに書いてみた次第です。


・日々の当たり前にできることを超えてナンボ。
・できない範囲もやってナンボ。
・メーカーであるワレワレに「普通」の納期なんて、
 日々、短くしてナンボ。
・極論「今日商品クレ」といわれれば、
 今日出せる方法を考えてナンボ。

そのくらいの熱意をもって仕事をするのが、ローレル流。



cpiblog01352 at 17:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スタッフへ 

頭の中が忙しい日々。

ゲボが出そうなほど忙しい最近。

秋にむけての商品企画が目白押しで、
夢の中までも企画をしている近頃です。


7月〜9月の間に、
200アイテム以上の商品が立ち上がり、
みなさんにたくさん喜んでもらえる自信アリ。です。


さあーーー。
がんばるぞーーーーー!

cpiblog01352 at 15:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)社長業