2008年03月

2008年03月28日

春の昇格。

今日、7名の昇格を決めました。

まだ、本人に伝えられていない方もいますが、
私自身、昇格できることにすっごくうれしく思います。


スタッフが成長している証拠。
頑張ってくれている証拠。です。

日々、接することがあまりないスタッフもいますが、
ビンビン頑張りが伝わってくるのが、
ほんとにうれしいのです。
役職をつけたい!と私に思わせてくれる、
スタッフたちに、ほんとに感謝です。


前を向いて頑張るのも、
誰かのせいにして腐るのも、
全て自分次第だと思います。


誰かのせいにしかできない人は、
一生腐っていればいいとさえ思います。

昇格できる人、頑張れる人は、
きっとどんな状況でも楽しみをみつけられると思うんです。
不満や文句を言っていたってしょうがない。と、
自分で気づけた人だとおもうんです。


どうせ同じ24時間を過ごすなら、
モンモンと不満をもって過ごすより、
目の前にあることに、
向き合って楽しんじまったほうが、楽ってもの。



昇格おめでとう!
これからもよろしくー!





cpiblog01352 at 13:10|PermalinkComments(1)TrackBack(0)ローレル 

2008年03月26日

新人ちゃんへ。

新入社員が入社してきました。
一言で「フレッシュ!」です。


「今日からお願いします!」との、
その言葉にエネルギーあふれ、
頑張るぞオーラがみなぎっています。
目なんてキッラキラです。


今でこそ、
「早くこいー!」
「勝手に育てー!」
「なんでもしてくれー!」と思いますが、
自分が入社当初は、後輩が入るのが嫌で嫌でたまらなかったことを
思い出します。


「抜かされるんじゃないか?」
「コイツ 出来そうな顔しているな。」
「あっ、アイツ私がやったことない仕事している。」
「自分の居場所がなくなるかも。」
とか、とにかくビビリながら、
先輩風をふかしていた気がします。

常に視界のどこかには、新しくはいった後輩新人をいれ、
ソワソワしながら、狭い心で仕事をしていました。


きっと、2年目3年目のスタッフもそうなんだろうなぁーと、
思うと、これまた楽しくなったりするわけです。
(本当は、後輩に何かを教えるたびに、
教えている先輩が1番成長できるものなんですけどね。)


よし、新人。
どんどん、新しい風をローレルにふかしてくれー!
今年は君達が主役だし、君達の年です

cpiblog01352 at 10:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スタッフへ 

2008年03月25日

背水の陣。

「背水の陣」を辞書で調べると、
絶体絶命の窮地に置き、決死の覚悟で全力を尽くすこと。
と、出てくる。


どれだけのスタッフが、
この経験をしたことがあるのだろうか?と、
ふと、思った。

私は今までの人生の中で、
どの位これを経験できたのか?とも思った。

北京オリンピック出場権を獲得した、
浜口京子は、まさに「背水の陣」で挑んだのだろう。



誰かのせいにし、言い訳のできる環境があったり、
自分がしなくても、上司がやってくれる環境があったり。
ゆるーい逃げ道を作るのも、自分次第というものです。


私がサラリーの時は2度経験できたと思う。
ひとつは、無印の化粧水を作ったとき。
そしてもうひとつは、社長就任時。
どちらも、もう二度と経験したくないと、
今でも思う。
でも、この経験があるから、今の私があるのだとも思う。


社長になってからは、
正直、決死の覚悟の連続。


変わりに責任を取ってくれる人もいなければ、
自分の判断ひとつで、会社が傾くこともある。
誰かのせいにしたくても、最終的には全て自分の責任で、
まさに、毎日が背水の陣。


全力で考え、
全力で行動し、
全力で決断する。


その経験があるかないかで、
人の幅と深さがわかるな。と、
ふと、感じたので書いてみました。

cpiblog01352 at 15:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ひとり言 

Yくん。

去年の秋に主任に昇格したYくん。
さりげなく熱くって、かっこいいんです。


自分のガンバリをひけらかすでもなく、
自らの失敗を必ず伝えてくれて、
すっごく部下思い。


そんなYくん。
第3製造をひっぱってくれているのですが、
今まで入浴剤の充填しか経験がありません。

第3の仕事は、
入浴剤の原料を混ぜる混合と、
その粉を機械で袋に詰める充填の、
二つの仕事にわかれているのですが、
もっぱら、Yくんは機械充填専門でした。


それが、ここにきて、
部下に混合を教えてもらっているようなんです。


彼の年齢は20代後半。

この位の20代の男の子のプライドは、
ほんと高い。
「オマエ アホカ?」と、言いたくなるくらい、
くだらないプライドを振りかざしてくる。
(まあ、私も負けないくらいのプライドをもってますが(笑)。)


わからないことを、
部下だろがなんだろうが、聞けるそのYくん姿勢。
私はかっこいいなって、感じます。




評価されたい。とか、
よく見られたい。とか、
彼からはそんな空気は全く無く、
純粋に一通りの仕事を経験したいんだという、
想いが伝わってくるのが、
ほんとにうれしいのです。


口に出して言わなくても、
伝わるものです。真実は。






cpiblog01352 at 14:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ひとり言 

2008年03月14日

会話の中でふと思う。

鼻水が止まらない本日。
あまりに栄養不足のせいか、
カゼをひいてしまいましたよ。トホホ。
最近ずーっと、かつおふりかけご飯だからなぁ。

先ほど、「鼻水位じゃ死なないから、気合で治せ」と
医者に言われてきました。
ええ、気合で治しますとも。
楽をしようと思って、薬をくれといったのに、
薬はやらん。と。
しょうがないから、ひたすら鼻をかんで、
気合いれてみます。



今日、
「もしも、私と専務が最高に仲が悪かったら。」ということを、
本間と話していました。


「スタッフがほんとやりにくいですよー。」
「どっちの話を聞いていいか、そんな会社イヤですよー。」と、本間談。

そりゃそうだ。
専務に仲良くしてもらっていることにありがたいと思い、
世の中には派閥争いだか、なんだかしらないが、
そんな企業が多いことに改めて気づく。


人なんて1人じゃ何もできない。
1人より2人、2人より3人。
仲間が増えれば増えるほど、いいアイデイアも、
いい結果も出せるもの。

第3製造だって、みんなで励ましあえるから、
きっと、頑張っているんだと思う。
これが1人だったら、難しいだろう。


自分ひとりじゃ何も出来ないんだと、
心の底からわかっていれば、
まわりの人全てに感謝することができるのだと思う。


「私がやればいい。」とか、
「1人で頑張ればいいんだ。」とか、
「信用できるのは自分だけ。」とか、
そんなレベルじゃ、あまりに悲しすぎる。


私は専務がいるからこそ頑張れるし、
本間がいるからこそ成長し続けたいと思う。


人間誰しもいいところは必ずある。

本間のダメなところや、
専務のダメなところをあげていけば、
きりがないくらい、あげられるが、
いいところも同じくらいあげられる。
基本、みんなのことが大好きだから、
悪い部分を見ても、愛おしいとさえ思う。


いがみあったり、
そんなめんどくさい、
ユーザーにとってどうでもいいことに労力を使うのではなく、
お互い受け入れて、認め会っている方が、
100倍楽ってもの。


よかったよ。
ほんと、仲良くしてもらっていて。








cpiblog01352 at 16:16|PermalinkComments(1)TrackBack(0)ひとり言 

2008年03月13日

第三製造のスタッフたち。

一昨年完成した新工場で、
主に分包入浴剤を作ってくれている、
第三製造のスタッフたち。
6人のメンズチームで構成されている。


これが、ほんと最高なスタッフ。
みているだけで気持ちがいい。
抱きしめたくなるほど、
頑張っているのが伝わってくる。


決して、人のせいにはしない。
「デキナイ」なんて言わない。
楽しんで仕事をする。
他人と比べて落ち込んだりしない。
何を頼んでも「イヤ」な顔ひとつしない。
もちろん、人の悪口も言わない。

なにより、
私に対して、よく見られる努力ではなく、
「ありのまま」を見せてくれる。


こいつら、新しいスタッフを投入しても、
皆で、新人を受け入れる。
誰を入れても、受け入れてくれる。
一生懸命教えて、プラスのパワーを注いでくれるので、
第三に人を入れると、皆が輝くシステムになっている。



誰がキライ。だとか、
こんなの遅くまでやる仕事じゃない。とか、
自分だけが1番頑張っているなんて、
思わないでさ。

目の前にあるものを受け入れて、
ひたすら、自分の栄養にしている、
第三のみんなのほうが、最高にかっこいい。と、
私は思うよ。


第三サイコー!
「株式会社 第三」も夢じゃないねー!





cpiblog01352 at 11:31|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ローレル 

2008年03月10日

建築士。

私が公私共にとーっても尊敬する、
建築士のインタビュー記事です。


私自身が今あるのは、全て彼のおかげ。


ジョブキタ。

cpiblog01352 at 11:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ひとり言 

人事のようす。

気がついたら、春なんですね♪
空気も、空も、鳥の鳴き声までが、春用になっています。




人事が佳境を迎えているようです。

人事の3人は、
東京に行ったり、社内でGDしたり、
札幌で単説したり、大忙しです。
今日も終日たくさんの学生が、
会社訪問で砂川に来てくれています。
うれしいねぇー!


「今年は東京が熱い!」
「また、会いたいと思う子を見つけた!」
「○○と◎◎のコンビが最高!」
「会うたびに好きになる!」

そんな、うれしい報告をしてくれています。
人事って恋愛と一緒だなーって、
スタッフをみていて思います。
(恋愛してない人は人事にむかないかもしれませんね。)


スタッフ達が一緒に働きたい!と、
思えることがなにより大切。


あと、もう少し!
頑張れーーー!







cpiblog01352 at 11:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ローレル