2007年03月

2007年03月19日

合宿と情熱とキックオフ。

さて、まずは、
先週半ばに行なった、「商品ブランド合宿」。

友人であるディレクターと、
友人であるデザイナー3人での合宿。

合宿といっても、ほとんどの時間を
お互いの近況報告で、
心のなかを3人がすっきりさせたときに、
初めて商品コンセプトが固まっていたり。


「大切な人に抱きしめられる喜びを久しぶりに感じた。」と、
幸せ全開な彼女の言葉で、幸せな友人をもてることに感謝し、
人を相手を、全てを大切と思える商品を作りたい!と、
感じた合宿でした。

書きたいこといっぱいですが、
伝えたい人には、自分の言葉で伝えますね!


そして、「情熱」。
人によく見られたい。
誰かに認められたい。と、そんなことはどうでもいいこと。

何かに真剣に向かうとき、
誰がどう思おうと、
どう感じようと、
そんなことは本質じゃありません。


今日も社内の会話ででた、
なぜ、頑張るのか?
それは好きだから以外になにもない。
そこに、理由を求めることのほうが「ナンセンス」。

大好きなクライアントと、
大好きなお店に、
大好きなローレルで、
大好きな商品を作る。

それがあれば、まずは十分。
「熱意」をもって、
「情熱」をもって行動するのみ。


感動的なトマトソースが出来上がりました。
あとは、おいしいトマトができるのみ。
楽しみにしてるよっ!



最後に、先週末のローレルキックオフ。
かれこれ始めて、4回目。

最優秀新人賞に「うめっちゃん」。

人事も営業も驚くほどの成長ぶりです。
「目の前にきた全てのことを夢中でやってきただけです。」
よく、彼女がいうセリフです。
そこには、認められたいとか、
よくみられたいとか、そんなものは全くないのです。

「あっという間の1年でした。」
「もっと、色々なことを覚え、楽しいことを経験し、
 みなさんのことを待っています。」と、
人事の時に学生に語ってくれています。

「素直」こそ、
「成長」の最短の近道と彼女をみていて感じます。


そして、「社長賞」(半期でのMVP)は、
ローレルの番頭である「専務」です。


彼女とは12年来の付き合い。
今まで色々なことがありました。
その、色々なことで、お互いがなくてはならない存在になっています。
(私だけかもしれませんが…)

いつもは、黒子の専務ですが、
今回はスポットライトを浴びて欲しく、
みんなに彼女の影での功績を伝えたく、選出しました。


私が外に出れるのも、
攻撃的なアイディアを出せるのも、
全て後ろ支えがあってこそ。

「何があってもローレルを守る!」という、
彼女の情熱はきちんと私に伝わっています。


あめでとう。
そして、いつもありがとう!










cpiblog01352 at 21:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)社長業 

2007年03月14日

心からの感謝と決意。

たーくさんの方に支えられてローレルが
成り立っている事実。
感謝せずにはいられません。


どんな事があっても、
的確に自分のことのように考え、
励まし、応援してくれる友人。
彼女の言葉で私自身がどんなに助けられ、
勇気づけられているか。


いつも冷静に、
ローレルを支援してくださる、
顧問の方がた。


そして、
「ローレル自慢」を最高な笑顔で、
広めてくれている、T課長とM係長。
私の「官」のイメージを全て払拭し、
「官」にいる全ての方を今では、
愛おしいと思うまでになりました。
なにか、ローレルがお役立ちできるなら、
本気でやらせていただきたいと、
心から思えるようになりました。


そして、
「なにかあったら何でも協力するよ!」と、
言ってくださる、取引先の皆さん。


「ローレルとの商品を作り、
世の中を幸せいっぱいにしてやろうぜー!」と、
いつも声をかけてくれる、取引先の皆さん。



「どうしたらローレルが良くなるのか?」と、
いつも真剣に考えてくれる、スタッフと役員のみんな。


そして、一番うれしい、
「ローレルの商品が何より大好きです!」と、
言ってくださる、ユーザーの皆さんの想い。



たくさんの想いが集まって、
ローレルが成り立っているんだと、
今日ほど感じさせて頂いた日はありません。



みなさん、
いつもありがとうございます!







cpiblog01352 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)社長業 

2007年03月03日

まずはとにかくやって、行動してみる。

いいこと書いている社長のブログがあったので、
かってに引用しちゃいます。



自分の個性や主張が通るのは、
自分自身が一定の経験と実績という足跡を残してこそ、
はじめて周囲が耳を傾けるもの。
または、とにかくやってみて、行動してこそ、
主張が生じるもののはず。
何もしてないのに主張してたら、
ただの評論家になってしまうわけで。



ほんと、その通りだなと
深くうなづきながら読んでしまいました。

やることやらずに、
口だけ偉そうでも、
結果が出なけりゃ、ただのバカですもんね。




cpiblog01352 at 15:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)社長業 

2007年03月02日

周りの人は自分の鏡。

自分のまわりを見たときに、
どんな人がまわりにいるでしょうか?


自信のない人。
ネガティブな人。
不満ばかりを口にしている人。
言い訳ばかりをいっている人。
心配ばかりして先に進めない人。


それとも、

明るいオーラで回りを元気にしている人。
ポジティブな人。
前向きにできる方法だけを考えている人。
他人の幸せを心から願っている人。
常に行動し、結果をだしている人。


私は、
自分のまわりにいる人が
現在の自分の鏡だと思っています。


ふと気づくと、
私のまわりにいる人は、
楽しみながら、
常に結果を出しつづけている人々に囲まれています。


心のもち方で、
出会う人も変るんですね。






cpiblog01352 at 15:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)社長業