2006年09月

2006年09月29日

日報メール。

毎日送られてくる、
スタッフ全員からの日報メール。

出張で社内にいなくても、
全員の日報に目を通すだけで、
その日の社内の状況が手に取るようにわかる。

この日報。
書く内容は統一されているはずなのに、
各人の個性がでてかなり面白い。


自分のその日の頑張りをひたすら書き、
そして、明日も頑張ると締めくくるスタッフ。

「疲れた…」など、
どうでもいいことを書いてくるスタッフ。


それとは逆に、


困っていることを自分なりに考え、
改善方法を提案してくるスタッフ。

ひたすら毎日ざんげをし失敗したことや、
クレームについて重点的に報告してくるスタッフ。

全ての仕事を細かく、
誰がみても何をやったわかる日報を書くスタッフ。

各人が誰をみて仕事をしているかが、
よくわかります。
もちろん、この日報は昇格や昇給の際の
材料に使わせていただいています。

この日報メールからの提案で改善されたことも数多く。


ローレルでは、
一番いいたくないことを手を挙げて言ってくれるスタッフを
高く評価します。


自分の身を守るために、
重要なクレームを報告しない。

自分で判断すべきことではないのに、
頑張って判断し世の中を幸せにしない。

全てがローレルではNGです。


私の顔や態度が怖くて直接話しかけるのに、
ドキドキしてしまうスタッフは、
ぜひ、この日報メールを使ってください。


cpiblog01352 at 20:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)社長業 

2006年09月25日

「大丈夫。」

おこしてはいけないトラブルが発覚した先週末。


発売前だったので、
大事には至りませんでしたが、
たくさんの人に迷惑をかけたのは事実。



初めての重症な問題に、
始めはスタッフに対し怒り狂い、
途中では、悲しすぎて出そうな涙をぐっとこらえ、
最後にはどうしていいかわからず放心状態になり、
そんな時に旦那にかけた電話で初めて吐いた弱音。

自分の気持ちの中であきらめかけそうになり、
心が色んな圧力でつぶれかけそうになったときに、
「辛い。苦しい。」と初めて旦那に言った一言。

その時に旦那からの「大丈夫だよ。」の言葉。


その一言だけで、
今回の問題を乗り越える原動力になりました。


砂川では社員が夜中まで残り、作業をしてくれました。
急遽、新潟に集合したスタッフは不眠不休で動いてくれました。
そして、取引先の最高な協力体制。


全ての協力があり、
無事、明日という日を迎えることができます。


今回の問題は素晴らしい取引先じゃなければ、
間違いなく解決できなかった問題。
バイヤーやセンターの前向きな、
「どうすれば、確実に解決できるのか?」
その協力がなければ、先週末限りでローレルが無かったのも事実。


ローレルは世の中に責任ある「もの」を作る、
メーカー。

それを深く理解し、今回のことを真摯に受け止め、
世の中を幸せにする商品を作り続けることで、
世の中や取引先に恩返しをしていきます。















cpiblog01352 at 21:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)社長業 

2006年09月14日

スタッフブログ。

今日は息子と親子遠足。
今、話題の「旭山動物園」に行ってきました。


正直、死ぬほど忙しい今。
今日の朝まで行くべきか悩んでいました…。

頭の中が忙しい私は、自宅に帰ってきてからも、
目を三角にしながら過ごしていたここ数日。

旦那からの「オレ、行きたいな♪」との申し出もあり、
旦那に甘えちゃおうかな。とも、思いながら、
何が一番大切か。
今、何をすべきか。
冷静に寝ながら考えましたよ。

それでなくても、育児を放棄しまくっているのに、
これ以上、仕事を理由にしていたら、
自分自身のバランスが崩壊しそうな予感がし、
意を決して行くことに。
(そんな大きな問題じゃないのですが。)


行ってよかったー。
息子達の笑顔もたーくさん見れ、
ママたちからの楽しい話も聞け、
商品開発のヒントもたーくさん頂きました。

なにより、私の心に少し余裕が出来ましたよ。



あっ、スタッフが深いブログを書いてました。


一度与えられることに慣れたキツネは自分でエサをとろうするんでしょうか?


仕事をもらうことに慣れてしまったときに、
自分から仕事を取りに行こうとはしないかもしれません。

具体的に指示をされることに慣れたスタッフは、
細かい指示がないと動けなくなるのかもしれません。

何も考えないで何かをすることになれたときに、
何も考えないことがあたりまえになるのかもしれません。


入社2年目の最優秀新人賞のスタッフが書いてました。

勉強になりました。
ありがとう。












cpiblog01352 at 21:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)社長業 

2006年09月12日

12年目の気づき。

私にはローレルに入社当時から、
心の支えになってくれている先生がいます。
もうかれこれ12年。


数ヶ月前に先生に言われた一言。

「今井さん。フワフワしてみえるよ。
 地に足ついてないんじゃない?」

「会社が大きくなろうとしている今。
 そんな時にあなたがしっかりと地に足をつけないと、
 取り返しのつかない事になるよ。」


私の心にずしーーんと、響きました。


その頃の私は確かにフワフワしていました。
自分でも自覚があるくらい。
先生に言われてやっぱりかーーー。と。
解っていても、フワフワの楽なほうに流される。
地に足つけていない状況が気持ちよかったのです。


状況がよい時は、いろーんな人が寄ってきます。
それにチヤホヤされて、気持ちよいのも事実。
でも、そんな時に「ピシャッ」っと、
ストレートに言われる耳の痛い一言。
傷ついても、落ち込んでも、
やっぱり、聞きたくない耳の痛い一言が一番うれしい言葉。


相手を思うからこそ、いいたくもない苦言を言うのです。
それが、本当の優しさだと心から気づくのに
12年の歳月を先生はかけてくれました。


幼い私をじーーと待ち、気づくように促してくれていた
先生に改めて感謝せずにはいられません。







cpiblog01352 at 20:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)社長業 

2006年09月10日

みんな、お疲れさま!

昨日の午後きた、スタッフからのメール。

「社長!終わりましたよー。無事出荷ができましたー!
 みんな、ほんと頑張ってましたー。
 ローレルのスタッフは最高ですね!」


うれしかったなー。
このメール。



みんな、ありがとねー!








cpiblog01352 at 14:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)社長業 

2006年09月04日

不可能を可能に!

さて、先週末よりローレル社内は
たーくさんの商品出荷が重なり、
大変なことになっております。


3交代はあたり前。
日々、色々なお客さんが来道し、
色校正だ製造立会いだと、営業スタッフは忙しそう。
いやー、楽しいね♪


こういう時にスタッフはたくさんの気づきを得て、
成長していくのです。


「もうだめだー。」
「無理かもしれないー。」
そんな会話も飛び交います。
それでも、ローレルスタッフは
出来る方法を考えます。
考えて、考えて死ぬきで考えて、その結果やってしまうのです。


たーくさんのユーザーが商品を待ってくれています。
自己満足の商品達ではなく、ユーザーに喜んでもらえる商品を
時間をかけて作ってきたことに、自信をもって、
あとは最後のラストスパート!


苦しくても、辛くても、
ここを死ぬきで超えれたら、
もっと、もっと楽しいステージがまってるよー!




cpiblog01352 at 18:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)社長業 

2006年09月01日

言葉のつかい方。

今日は久しぶりに鼻息荒い一日でした。

忙しすぎて、出来ない言い訳をしそうになった瞬間。
自らでやる気を奮い立たせる必要もなく、
自分が思った以上のデザインを見たとたん、
俄然やる気はいとも簡単に出てきました。

妄想街道まっしぐら。

根気よくデザイナーと話し合いを重ねてくれた、
友人のディレクション能力に感動し、
尊敬させて頂きましたよ。
いやー。ほんとよかった。


ローレルの核となる、
ローレルブランド商品が誕生しそうです。



さて、出来る方法・やれる方法しか
考えられない私にとって、最大の天敵はネガティブ発言の人。

ちょっとした言葉のつかい方で、
まわりの空気はよくも悪くもなります。


例えば、
同じものごとをするのでも、
「絶対楽しいから、みんなでやろうよ!」
とポジティブに言われてするのと、
「あー凄い大変だけど、やってもらえる?」
とネガティブに言われてするのでは、
心も結果も全てが全く違うと思います。

よくスタッフと話をしていて、
ネガティブの言葉が3個位続くと、
私のイライラスイッチはオンになります。
その瞬間から、その人とは話たくなくなり、
すかっり気分が悪くなるのです。
相手はそんな気持ち気づいてないんだろうなぁ。


人間コミュニケーションは大切。

でも、ネガコミュニケーションなら、
ないほうがいい。

相手を不快にさせる言葉はNG。
相手を不快にさせる表情もNGです。

あっ、忙しい時の私の表情も確実にNGだな。
スタッフの顔見て会話が出来てないもんな。
肝に銘じなきゃ。



会話の全てをポジティブ週間とか作ろうかな。
あっ、キックオフに向けてポジティブ大賞と
ネガティブ大賞とか作って、明確にしちゃおうかな。



cpiblog01352 at 20:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)社長業