2006年08月

2006年08月31日

スタートライン。

あー。
やばい、やばーい。

仕事に終われています。


お店作りも、新工場も、改修工事も、
新しいジビネスも、たーくさんのことが
一気に押し寄せてきている。
そんな感じです。


最近よく、
「いやー。ローレルさん伸びてますねー!」
「今、ノリノリでしょ?」
「波が来てるんじゃない?」
そんなことを言って頂いています。


私にしてみれば、
ようやく「ゼロ」から「イチ」になった感覚。
ようやく、「人」や「お金」や「モノ」が、
スタートラインにつき、
これから「よーい ドン!」って感じ。

「ノリノリ」でもなければ、
「波」なんて全くきていません。
全てがこれからの言動で決まります。


今の現状がピークじゃ寂しすぎます。
まだまだ、世の中を幸せにしていない。
まだまだ、私の本来の仕事はほんの入り口。

「世の中を幸せにする」こと。
それは、私が生涯かけて行なう、
仕事なのです。



cpiblog01352 at 12:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)社長業 

2006年08月27日

ローソン入浴料。

今日はめずらしく新商品のご案内。

ローソン全国店頭にて、
9月26日より16種類の入浴剤を
発売させていただきます。


下記、北海道新聞リリース記事。

砂川のローレル〜


これからローレルでは生産の追い込み。
日々、社内では頭の痛い調整を行ってくれています。


9月はまだまだ、
楽しい新商品が続きますよー。







cpiblog01352 at 17:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0)社長業 

2006年08月23日

スタッフへ一言。

現状のローレルにおける問題は全て
経営者である、私に全責任があります。



今日はスタッフに対して一言書かせてください。

最近のローレルは全体的にたるんでいます。
感じるレベルではなく、顕著に皆の仕事に
それらがあらわれているとおもいます。


クライアントとの納期の約束を簡単に破る。
スタッフの権利ばかりを主張しやるべきことをやらない。
クライアントからの依頼を放置する。
自分の役目を全うしない。
自分達の楽を優先しクライアントにリクスを背負わせる。
指示したことすら放置する。
あげればきりがありません。


長くからいるスタッフは特に思い出して下さい。

全く注文が無く、製造することすら出来なかった
時代もありました。
現在の管理部門の専務と2人、
「1億円位の受注がほしい。」
「そんな仕事が取れたら死ぬ気でやるのに。」
「倒れるほどものをつくってみたい。」
そんな話を注文書の前でしていた時もあったのです。

賞与の出ない時期もありました。

毎年年末になると資金繰りにつまり、
現在の経理課長が自分の貯金を使ってください。
と、言わせてしまうほど、「倒産」の2文字を、
目の前に叩きつけられた時期が何年も続きました。
そんな会社の状況に気づき、
たくさんのスタッフが辞めていきました。

寝ないで作った商品が、たくさんの返品という形で、
返された時もありました。

苦しい事や、力の無かった自分達ではどうすることも
できない時代がありました。




今は自分たちの力で考えで、この会社を
よくしてきたのではないでしょうか?


たくさんの苦しみや悲しみを、
「最悪のピンチを最大のチャンスに」
皆で変えてきたのではないでしょうか?


今、ローレルがやるべきことは、
世の中を幸せにするために、
目の前にあることに、
死ぬ気でぶつかっていくことではないでしょうか?


今を越えなければ、来年はありません。

真剣に考えてみて欲しい。

机上の空論はやめてください。
自分のことばかりを考えるのはやめてください。
人としての最低限の約束は守ってください。


出来ない方法論はいりません。
出来る方法だけを考えてください。


今日は私自身の反省としても、このブログを書きました。




cpiblog01352 at 21:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)社長業 

2006年08月18日

大阪克服。

いやー暑かった。大阪。
アスファルトの照り返しで、
中心部は40℃ですよ。

「人が死にますよ。」と、
お客さんに行ったところ、
「ここで、僕達は毎日生きているんです。」と、
一言いただきました。


なぜか、意味不明なトラウマ?で、
大阪を好きになれなかった私。
厳密に言うと、大阪人を好きになれない…。
傲慢で、お金にケチで、温かみがない。
実際、私のまわりに大阪人の友達は少ない。

今回はなるべく誰にも会わないように、
何の期待もしないように、訪れてみたら、
案外楽しくって、人も温かくってびっくり。

北海道の信号はなぜ縦なのか?
網走の看板はなぜ縦書きなのか?
そんなことを教えてくれた大阪のタクシーのおじさん。

どうも苦手だと思い込んでいた客と
腹を割って本音を話したとたん、
なんだか分かり合え、気分爽快でビジネス談議に
はなが咲いた取引先。

新規の飛込みにも関わらず、
一緒に真剣に企画を考えてくれた企業の方。

いやー楽しかった。
収穫も大きく、一つのトラウマから開放されました。


深夜まで友達と語らい、おいしいものを食べ、
お酒を少し飲み、幸せな時間でした!


結局、私の考え方ひとつ。
嫌だというオーラで向かっていけば、相手が避けるのは当然。
大阪まるごと受け入れたら、楽しいことしか
目にはいりませんでしたよ。

日々、勉強ですね。





cpiblog01352 at 20:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)社長業 

2006年08月16日

遊びも仕事も一生懸命。

いやー。

遊んだ。遊んだ!

久っしぶりに遊びまくりましたよ。

ここ一番というときに出る、

息子の熱におびえつつも、

しっかりと楽しんじゃってました。

(無事、熱も出ず。)

初日の「夕張石炭の歴史村」に始まり、

(赤字町だけあって、全てがさびれて

 私のエネルギーをわけてきましたが…笑)

両家のお墓参りに行ったり、私の実家に帰ったり、

念願の掃除機を買ってみたり、

登山をしようと登山口に行ったはいいけど、

虫が怖いと息子と旦那にごねられ、

5分で下山?して、小さな川で遊んでみたり。

クワガタを探すも10分であきてしまったり、

親戚が集まると必ず出る、「2人目まだ?」攻撃を受けてみたり、

テレビの前で駒大の試合を応援したり、

息子の従兄弟と花火や焼肉などなどをしたり、

夏恒例の行事を全て行い、私的には大満足の連休でした。

あっ、あと、

盆踊りを踊ってお菓子ももらったなぁ。

実家の庭で息子の髪も切った。

いつのまにか、

全てが子供中心の遊び方に変わっている自分にも

驚きつつも、皆で笑っていられるのが、

なにより幸せと、遊びに一生懸命になっていましたよ。

さて、明日からは大阪。

たくさん遊んでたくさん仕事をする。

来月のローレルは平成元年の創業以来初の、

素晴らしい売り上げになりそうです。

さあ、頑張ろう。



cpiblog01352 at 20:50|PermalinkComments(0)プライベート 

2006年08月10日

何をポイントにするか?

上司をみた商品。

会社の都合を考えた商品。

生産性のみを追求した商品。

どれも私はNGだと思っています。

「ユーザーが何を求めているのか?」

「ユーザーが幸せに感じるのか?」

「関わる全ての人たちが幸せか?」

商品を作る上で、それらが全ての判断基準と

考えています。

デザイン性をどんなに求めても、

ユーザーが使いにくければ、自己満足にしか過ぎません。

上司や会社・クライアントを見て商品を作っても、

使用するのは、上司でも会社でもなく、ユーザーです。

とてもシンプルなこと。

ユーザーに喜ばれるために、

企業は努力をするのです。

継続して作れるよう、生産効率を上げていくのです。

ユーザーが使いやすいように工夫をするのです。

企画やデザインをした人間を満足させるために、

商品を世に生み出すのは悪人です。

私てきに毒を吐けば、

そんな商品は「社会のゴミ」です。

全ての行動を起こすときに、

「この行動はユーザーが喜ぶのか?」

それを考えて行動するだけで、

皆が幸せになれるのではないでしょうか?



cpiblog01352 at 14:07|PermalinkComments(1)社長業 

2006年08月03日

タイミング

今日は大好きなネイルサロンからの投稿。
パソコンまで借りちゃってます・・・。



人のタイミングって不思議です。
自分が心から世の中を幸せにしたい!と、
思った瞬間から、私の周りには同じ志の人が、
どんどん増えてきます。


昔は残念ながら違いました・・・。
銀座で遊んでいるほうが楽しかったし、
肩書きのついている人たちが大好きでした。
昔でいう「バブリー」な人たちが、
私の周りにはなぜか多く、
その輪にいる自分も居心地がよかったのも事実です。
「こんな有名な人に会えたーーー!」とかいって、
喜んでいたもんな・・・。


最近はそんなこともめっきり減り、地味ですが、
「自分のこの技術で世の中に恩返しがしたい!」
「この国に貢献したい!」
「この地域を良くしたい!」
そんな方が多くなりました。


今日は2つの良いお話が。

・バリ島での商品の話。
 それが実現できれば必ず少しづつ世界は良くなる。

・念願のラオス学校建設の話。
 


もっともっと世の中を幸せにするために、
私自身のフィールドを上げていくことを、
心に誓った1日でした。





cpiblog01352 at 20:18|PermalinkComments(1)TrackBack(0)社長業 

2006年08月01日

愛。

はい!
本日、32回目の誕生日を迎えました。
皆さん、ありがとうございます!


めちゃめちゃ感動しましたよ!
久しぶりにマジ泣きしました。自宅で。


たくさんのお花やケーキ、
そしてプレゼント。
いまだ、冷静に見ることができません。

朝からの社内プチサプライズ?!から始まり、
行く場所、行く場所で手厚いお祝いを頂ました。

頭を仕事モードにするのが難しいくらい、
地に足をつけるのに必死になった一日でした。



「疲れたーーー。」と、自宅に着くと、
旦那&息子特製の「手巻きずし」の用意が。
家に送られていたプレゼントなどにワーキャー叫び、
ケーキやクラッカーも用意され、
「Happy Birthday To You!」の歌の合図で
息子がなぜか「ふーーーっ!」と、ロウソク消し(笑)

そこまでは、全然通常モードのふり。

食べ終わり、満たされたところで、
「ママ、はいどうぞ!」と、息子からのプレゼント。
フルーツ消しゴムと色エンピツペン。
「お仕事で使ってね!」と言われたのもつかの間、
「ちょうだい。返して。」と、即、没収。

はー…。と思いながらも、
旦那からのナイスなプレゼント。
かなり、気分もよくなったところで、

はい。ここからです。

旦那は役者ですよー。
「あっ。そうだ!忘れてたー。」
「これ!」と、
おもむろに見たことのある紙袋を旦那から渡され。

そこから出てきたのは、取引先からの
たーくさんのメッセージカード。

「こうやってみんなに手紙を送っているんだと思うよ。」と、
一枚の紙を旦那から渡され…。

それは、スタッフが取引先に宛てた、
バースデーメッセージの依頼の文章。

それを見たとたん、こみ上げちゃいました。


いやー、参りました。
やられましたわ。


スタッフからの大きな愛を感じ、
まわりに支えられている事を再認識させて頂いた一日でした。

まずは、このブログを借りて、

取引先の皆さん!
お忙しいところありがとうございます。

そして、スタッフのみんなもありがとねーーー!


さて、32歳も皆さんのお望みどおりに、
パワフルに豪快にいきますよーーー!






cpiblog01352 at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)社長業