2006年03月

2006年03月31日

適職と天職。

適職とは?
世の中のために報酬を得て働くこと。

天職とは?
持って生まれた能力を世の中のために、
無償で使うこと。



これは、
ネイルサロンの先生から聞いたことです。


一時期、私は、
自分と話した後の目の前の人が、
皆、自然と元気になっていることに気がつきました。

相手に、私利私欲を持たず、
本音で相手の気になっていることを
はっきりと伝えるだけで、
相手がイキイキとしていくことを、
何度も経験してきました。

そのとき、調子に乗り、
「人材コンサル」や「教育」も、
第2の人生にいいかも…。と、
うっすら考えていた時期がありました。


そのときに、
ネイルサロンの先生にこの話を聞き、
長年、ローレルを支えて頂いている先生にも
同じようなことを言われました。


生まれ持った能力に対して、
値段をつけて、報酬を得ることをあなたがしたときに、
あなたはバランスを崩し、
正しい判断が出来なくなる。


テレビに出ている霊能力者やスピリチュアルなどなど。
彼らは適職として、
報酬を得ているのでしょう。



皆さんの天職はなんですか?









cpiblog01352 at 21:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)社長業 

2006年03月30日

野菜と本業。

今日は午前中、野菜の営業。
そして午後から、本業の商談でした。


野菜の営業では久しぶりに、
ケチョンケチョンにやられ、
農場担当とともに拳銃でうたれ撃沈しました。


私の苦手なおじいさまだったのですが、
それが、なんともいえない心地よさでした。
あまりにものを知らない私達に、
怒りながらも、最後には諭しながら、
2時間近く野菜のプロは話をしてくださいました。


10年以上も生活雑貨の業界にいると、
ある程度の逃げ方もわかり、
クライアントに根本的なことで、
怒られることはほとんどありません。
(逆に怒りつけることはありますが。笑)


叱ってくれることは、期待をされている証拠。
時間を作って、色々なノウハウを伝えてくれるのは、
次の世代に自分達の何かを残したい証拠。


去年も思った大切な忘れていたことを、
今日、思い出すきっかけをくださいました。


「ユーザーがほしいと思う、野菜を生産すること。」
「野菜は国民の命を預かるものということ。」


真剣に考えていきます。

cpiblog01352 at 21:08|PermalinkComments(1)TrackBack(0)社長業 

2006年03月29日

孤独。

「経営者って孤独じゃないですか?」
これって、最近よく聞かれます。


残念なことに、
私は孤独を感じたことが今までありません。


孤独と戦う経営者に言わせると、
「孤独を感じない経営者は真の経営者じゃない!」と、
いわれるのですが、
どう考えてみても、私は孤独じゃないのです。


孤独にならないと、真の経営者になれないのならば、
ならなくてもいい。とさえ、思っています。


心の充電が日々出来る温かい家族がいて、
毎日心配し、そして、世界で一番応援してくれている両親がいて、
旦那の実家との相性はすこぶるよく、
一人でぐちりに行ける程の大好きな心地よい場所になっています。

そして、常に応援してくれ、叱ってくれる大切な仲間もいて、
かわいいスタッフもいます。


確かに、何かを決断するときは一人です。

でも、その決断の背景には
たくさんの人の助言と想いがあります。


孤独じゃない経営者もなかなかいいものです。






cpiblog01352 at 20:30|PermalinkComments(3)TrackBack(0)社長業 

2006年03月28日

緊張伝わる新人ちゃんたち。

新人ちゃんが、明日で7人、
全員揃うようです。


今日は6人来てました。


みんな、緊張してたなー。
きっと、家に着いたらぐったりなんだろうなぁ。
なれない一人暮らしで、
なれない土地。
友達もいなく、心細いんだろうなぁ。


緊張しないで!といっても、
難しいでしょう。
でも、自分らしく、無理せず、
ゆっくり、覚えていきましょうね。

あせっても、強がっても、
かっこつけても、
いずれ、めっきは剥がれます。

であれば、
最初から、肩の力抜いて、
素でいるほうがよっぽど、
かっこいいし、
吸収も早い。

先輩たちは、
思いやりを持って、
皆さんに接してくれます。
甘えるところは甘えて、
楽しんでいきましょう!


せめて、
常に自分らしくいましょうね。


cpiblog01352 at 19:37|PermalinkComments(7)TrackBack(0)社長業 

2006年03月27日

リベンジ。

さて、
ただ今旦那は、
たくらんだ顔でネット検索中です。



どうやら、
お正月休みの沖縄旅行のリベンジに、
ゴールデンウイークに、
息子に日本一高い山を見せようぜ!ツアーを
企画している模様。


山梨県の
「トーマスランド」と、
「富士山」に旦那本人がとっても行きたいオーラ全開!


山梨を新潟の近くと思い込むこと数十分、
羽田空港から帰省ラッシュ真っ只中にレンタカーを借りようと試みたり、
前途多難な空気ですが、
めげずに、こりずに、
黙々と調べています。



はてさて、
旦那の頑張りに期待です!




cpiblog01352 at 20:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年03月25日

春ですね。

ここ北海道も春が近づいています。


今日は休日。
朝から軽く、掃除をすませ、
のんびり、ブログを書いています。


旦那は、
朝から仕事の打ち合わせで、
あーでもない、こーでもない、
とか言いながら、楽しそうです。

毎回思いますが、
本当に設計が好きなんだな、と、
思う瞬間です。


息子は、
パパにリビングから追い出され、
寝室の壁に向かってなにやらやっています。


syuu








何をやっているかは、不明です…。



さて、天気がいいので、
買い物でも行ってきますわ。










cpiblog01352 at 11:38|PermalinkComments(1)TrackBack(0)プライベート 

2006年03月23日

好きと夢。

今年入社の新人ちゃんが
続々と入社しています。
そして、ローレル応援団も一人入社してくれました。


うれしいなー!
心強いなー!
一人一人がどんな風に楽しんでくれるのか、
ワクワクするなー!


「あなたの夢は何ですか?」
これって、私の口癖です。

初対面の人にも聞いています。
相手がどんなことを考えているのか、
常に興味があって、聞いてしまいます。


そんなことを聞いている私も、
実は夢がはっきりしたのは、ここ最近のこと。

それまでは、
自分がほしいと思う商品を作りたい。
自分の考えた商品を作りたい。
自分が楽しみたい。

そう、全てが自分に対する欲求です。
世の中なんて、考えてもいませんでした。

自分がよければ全てよし。

旦那のものは私のもの。
私のものも私のもの。
会社の仕事は好きなことだけ。
嫌な仕事は他人の仕事。

そんな事を平気で言っていた気がする。


創業者に認められたい。
誰かを超えたい。
自分が優位にたちたい。
私にしか商品企画は出来ない。


そんな感じだったなぁ。

今考えると、寂しいです…。
しかも、つまらない。


誰かとの比較の人生ってつまんないなぁって、
気づけたのも最近。

人の話を聞けるようになったのも最近。

旦那の忠告すら、普通に無視してましたし。
まわりの声も聞いているようで、全く聞いていない。
腹の底で、「あなたにわかるわけない…!」とか、
思いながら聞いていたり。



でも、こんな風に成長してきたんです。
誰でも通る道なんだろうな。


みんな人それぞれ成長の仕方は違うと思うんです。
自分流でいいと思うんです。

夢を持たなきゃ!
ベクトルあわせなきゃ!
共感しなきゃ!
違う意見を言わなきゃ!

そんな価値観は必要ないですよ。

自分の考えで、
自分の成長速度で、
時には回りとすり合わせしながら、
自己流でやることに意味がある。


成長過程で、踏ん張って、
頑張って、苦しんで、
それでも、乗り越えて、
そして、結果をだすかは、
自分次第。


他人のせいにしては、成長もなければ、
進歩もありません。


夢を持つことは大切です。

しかし、その前に、
「私はこれをやっているときが一番楽しい!」
「私はこれが好き!」

そんなことを私は形にしてきました。


その結果、
「世の中を幸せにしたい!」と、
腹の底から思えるようになった。


他人がどう思おうと、
私はこれを貫きます。

自分にしか価値がなくてもいいんです。
それが本当の夢だと自信を持って言えるので。


あせらず、ゆっくり、
自分のペースでいきたいですね。

cpiblog01352 at 21:24|PermalinkComments(3)TrackBack(0)社長業 

2006年03月19日

第2回キックオフ

ローレルグループの第2回目のキックオフが
3月18日にありました。


ローレルの企業理念である
「世の中を幸せにすること。」を共有するため。
スタッフ全員の想いを発表しあい、
自分達の成長速度を確認し、現在の足元を見るための場。



・前期にたてた目標の結果報告
・後期の目標発表

スタッフ一人一人がステージに上り、
発表して頂きました。




カンペを作り、手をブルブル震わせながら
発表しているスタッフ。

自分の考えを自分の言葉で伝えてくれるスタッフ。

いつも通りのパフォーマンス付きで、
楽しく場を盛り上げながら発表してくれるスタッフ。

その人それぞれの個性が面白い位、
見ることが出来ました。


その後は、ローレルアワードの発表。

○チャレンジ賞     啓太・パート井上さん
○チームワーク賞    松井・高島
○縁の下の力持ち賞   遠藤・野崎・角田
○ベストドレッサー賞  大西
○ワーストドレッサー賞 角田
○最優秀チーム賞    混合部門 松井・畠山
○最低チーム賞     液充部門 山本・佐藤
○最優秀新人賞     金森
○みんなで選ぶ大賞   本間
○社長賞        遠藤


みんなで選ぶ大賞に選ばれた、チリチリ本間には、
サプライズで家族からの手紙を頂き、皆の前で披露。
感動でチリチリ、涙^^
おもしれーーーーーー!


ワーストドレッサー賞に選ばれた角田は、
再三に渡り、「いい男はおしゃれをすれ!」の
皆からのお願いを無視したバツと、
彼がかっこいい!ことを証明するため、
彼に似合う服を購入し、皆の前で披露!
(服のお金はもちろん彼に請求)
めちゃめちゃかっこいい!
キュンとしたギャルは多いはず。


てな感じで、終始社員をいじり、
夕方5時に始まり、朝の4時に終了。


みんなほんとに頑張ってくれています。

まわりのスタッフの協力があって、
今回受賞できた人も多いと思います。
自分一人では何も出来ないことを念頭に置き、
感謝の気持ちを持ち、更に頑張っていきましょうね!

受賞できなかった方、そして、ワーストや最低に
選ばれてしまったスタッフ。
誰にでも平等にチャンスはあります。
口だけではない、目に見える形で行動で示してください。
目標を持ち、それに向かえば必ず結果になり、
評価につながります。
どんな小さなことでも、自分が本気で燃えられる
目標を立ててください。
些細なことでも私は必ず見ています。
一緒に頑張りましょうね!


キックオフ











cpiblog01352 at 21:23|PermalinkComments(1)TrackBack(0)社長業 

2006年03月13日

出会い。

出会いは必然である。

今日、そんな経験をしました。



毎日、なにげなく出会っている人たち。
その出会いには必ず意味があるということ。


今、ローレルで一緒に机を並べて働くスタッフたち。
一緒にビジネスをしている取引先。
どんどん増えていくローレルの応援団。

全てが出会いです。


これまで出会った人たちも、
これから出会う人たちも、
必ず、出会う理由がある。


昨年1年で、今までとは違った形での出会いが、
私には多くありました。

今では、その出会いに助けられ、
ローレルが強固なものになっています。


出会ったときに、
出会った意味はわからなくても、
将来、その意味がわかるときが必ずくる。


人との出会いに感謝し、
常に謙虚な姿勢を心がけることが大切だと、
学びました。

cpiblog01352 at 21:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0)社長業 

2006年03月10日

病院。

旦那に十二指腸潰瘍が見つかった。

昨年の秋頃から、
突発的な高熱が出たり、
胃が痛いとしきりに訴えてきたり、
顔色がさえなかったり、
私なりにとても気になっていた。



先週、突然嘔吐し、吐血し血便したようだ。
私は東京出張中で、
帰宅後、彼の顔を見て青白い顔に驚いた。


息子の残したご飯を食べて食中毒になったから吐いた。
カゼを引いただけだから大丈夫。
頭が痛く、めまいがするけどそれはカゼだから。
ほっとけば治る。
寝れば大丈夫。

この10日間こんな言葉を繰り返し聞いていた。

大の病院嫌いで、
自然治癒をこよなく愛する彼。


とうとう観念して、
病院にいくことにした。

血液検査をし、
胃カメラを飲み、
重度の貧血と潰瘍で済んだだけ、幸せなこと。


大切な家族がいるのだから、
応援してくれる彼の仕事仲間もいるのだから、
ここは病院と仲良く付き合っていただきます。


十二指腸潰瘍とは、
極度のストレスからくることが多いらしい。

私も彼にストレスを感じさせないよう、
出来るだけ不満はくみ上げ、
生活しなきゃと反省しました。


心の中に自分の体に不安を抱えている方。
早めに病院に行き、原因を見つけてください。
自分ひとりの体じゃないのだから。


cpiblog01352 at 21:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0)プライベート 

入社当時。

私がローレルに入社したのは平成7年。

当時、私の同期は10人いた。
確か、高卒4人・短大卒4人・大卒2人だった気がする。

11年経った今では私のみ。
11年前の研修時も私のみだった。



3月1日から新人研修を行います、と、
ローレルからの案内を頂き、
なによりローレルで働きたかった私は、
即、2月末に砂川に引越し、
卒業旅行も行かず、
毎日遊んでいたことも辞め、
友達との別れを惜しむことも忘れ、
旭川の実家にも帰らず、
まんまと、3月1日からの研修に参加してしまった。

というか、
全員が3月1日からの研修に参加すると思っていた。


当日、意気揚々と会社に行った私。

20日過ぎまでは私一人の参加だと、
現在の経理課長から聞いた瞬間、
正直「やられたーーー。」と、思いましたよ。

でも、
その20日間で正直、同期と大きな差が開きました。
一気に10人入った時に埋もれてしまう存在ではなくても、
一人で20日間過ごしたことで見えてきたことや、
当時の社員とコミュニケーションを取れたことが、
今の私には役立っていることが多くあります。


入社後、何をするかも大切ですが、
入社前に何をしたかで、
入社後が大きく変わるのではないでしょうか?

私の場合は誰よりも早く研修に参加したことで、
長い時間、経営者と触れることが出来、
経営者の考えが入社前に
「うっすら」見えたことだとおもいます。

入社前。
とっても大切な時間です。
2006年度入社のみなさんは有意義に過ごしていますか?






cpiblog01352 at 20:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)社長業 | 社長業

2006年03月07日

おもしろネタ仕込み中。

自分で言うのも何ですが、
最近の私、とっても仕事頑張っています!


新規のネタを数件、
ただ今仕込み中。

ゴールデンウイーク前に数件と、
今秋、立ち上げの商品はとにかく熱い!

今までにない、
おもしろーい、入浴剤を出しますよっ!
おっ楽しみにーーー!


そして、
cayra.ものづくり学校 本格始動します。
みんな、きってねー^^


そして、
スキンケア業界に革命を起こすべく、
プロシューマコスメを展開していきますよー!
自分にあったスキンケアを自分で作る。
しかもそれは食べられる!

どうよっ!!!

詳しくは後日。


ただ今、ローレルでは、
半期の一度の全社員あげての
キックオフの準備真っ只中。

キックオフの場でスタッフは、
自分の個人目標を設定し、皆の前で発表する。
前期に立てた目標の進捗と、次の目標を自分の口で伝え、
本人が自分の現状を知るためのものだ。

そのキックオフの中で、
最優秀新人賞や
ベストドレッサー賞など、
たくさんの賞も用意されている。

その中にローレルスタッフ全員で選ぶ、
みんなで選ぶ大賞  というのがあり、
現在スタッフ一人一人から、私宛てにどのスタッフが
大賞にふさわしいか、メールがくるのだが、
かなーり、面白い。

よーく、社内を見ているようで全く見ていないスタッフ。
逆にすっげーーーって言うくらい、ポイントが定まっているスタッフ。

勉強になります。

ただし、スタッフの皆さん。
自分の主観を入れるのはやめてくださいね。

「好きだからーーー!」とか、
「やさしくしてくれるからーーー!」とかじゃ、
大賞には値しないと思います。



cpiblog01352 at 21:39|PermalinkComments(5)TrackBack(0)社長業 

2006年03月05日

守られていること。

ここ最近は前だけを向いて仕事をしてきた。

特にこの一年間は、
前しか向けていなかった。
後ろを振り返る余裕もなく、
突っ走ることしか考えていなかった。


最近、あることをきっかけに、
振り返るチャンスをもらえた。


営業が安心して仕事をとってこれるのは、
現場のスタッフが協力してくれるという
安心感があるから。


私が外に出て、自ら切り込み隊長になれるのは、
会社やスタッフを守ってくれる役員がいるから。
そして、どんなに大変な仕事をとってきても、
楽しんで仕事をしてくれるスタッフがいるから。


吹雪で玄関に雪が入り込んで、スタッフの靴が
雪だらけになるのを防ぐため、
さりげなく、靴の上にシートをかけてくれるスタッフ。

現場の作業がしやすいように、資材の置き場所を
工夫してくれるスタッフ。

一番忙しい下っ端のくせに、
一番に電話にでるスタッフ。

毎日、色んな人とコミュニケーションを
笑顔でとってくれるスタッフ。


いろーんなスタッフに守られて、
私は外に出れるんだなぁーと。


直接、売り上げにはつながらないかもしれません。
短期的に効果が現れることも少ないでしょう。

しかし、
そんなローレルをしっかりと守ってくれる
スタッフに感謝の気持ちで一杯です。




cpiblog01352 at 14:43|PermalinkComments(5)TrackBack(0)社長業